IMPREZA-NET のオフィシャルサイト
 PCは素人も同然の私、当サイトの管理人にとって、純正ECU書換Tuningの洗礼を受けた、バイブルに等しいサイトでした。
 そういう意味では、IMPREZA-NET主催の大澤氏は、私にとってまさに教祖様のような存在でした。
 本当に貴重な情報やECU DATAを惜しげもなく提供していただき、お陰さまでこんな私でも、それなりに純正ECU書換の真似事は出来るようになりました。
 しかし実際には、素人が弄れる部分は本の僅かしかなく、本命のBoost UP等TUNE UPに関わる純正ECUの書換SETTINGは、本当に純正ECUの全てを知り尽くしたプロでなければムリだということも痛感しました。
                   



enginuityのサイトは閉鎖されましたので、現在は後継ソフトのROMRAIDERをダウンロードして使用しています。/ROMRAIDER のオフィシャルサイト
Enginuityこのフリーソフトの存在を教えて頂いたのもIMPREZA-NETでした。ECU Flashとセットで使用しています。ECUFlashはもっぱら純正ECUのDATA読込書込を主に担当させ、EnginuityはECU DATAの編集とDATA Loggingに活用しています。尚、下表に並記しているDATAは、全て私の実車における数値で、書換た数値も全て現車に合わせて書き換えたものですので、そのままご使用にならぬよう注意してください。
 書換DATAは2009年6月26日現在のもので、以降、現在まで主要なDATAの書換は行っていません。これら書換DATAの殆どは、プロの手による現車合わせのECU tuneですが、あくまでも参考程度にお願いします。
                             
関連記事のページはコチラ
                   正真正銘プロの手による純正ECU書換TUNE のPAGE
openecu.org のオフィシャルサイト



tactrix のオフィシャルサイト
ECU Flashこのサイトは合衆国のサイトですが、IDを認証・取得さえすれば、簡単にLogin可能です。会員になってLoginすれば、必要なECU DATAなどダウンロード出来ます。ちなみに私はECUFlashもここからダウンロード、インストールしました。
 tactrixはECU書換やBoostUpに必要な
ツールセットパーツが購入できる、OpenECUサイトを運営しているShopです。純正ECUとノートPCを接続するためのケーブルや3Port Boost Solenoidなども、ここで手に入ります。
moonface original 純正ECU書換DATA

Enginuity read image moonface original 4のDATA
read image01(Internal ID:A4TJ121S)を変更

 〔Boost項目〕
Target Boost(MT) Compare to 01
Boost Limit(Fuel Cut)
 〔Wastegate項目〕
Initial Wastegate Duty Compare to 01
Max Wastegate Duty Compare to 01
 〔Turbo Dynamics項目〕
変更なし
 〔Fuel項目〕
Open Loop Fueling(Primary) Compare to 01
 〔Timing項目〕
Base Timing Compare to 01
Intake Cam Advance Angle(AVCS) Compare to 01
 〔Knok項目〕
Advance Multiplier(Initial)
 〔MAF項目〕
変更なし
 〔Misc項目〕
Rev Limit
Speed Limiting(Fuel Cut)
Radiator Fan Modes(Coolant Temp)
 〔Idle項目〕
変更なし
 〔Intercooler項目〕
変更なし
 〔Closed Loop項目〕
Closed Loop RPM
Closed Loop Throttle Maximum(MT)
 〔CL/OL Fueling Transition項目〕
純正ECU nomal DATA

Internal ID:A4TJ121S
NOMAL RA-R純正ECU DATA

 〔Boost項目〕
Target Boost(MT)
Boost Limit(Fuel Cut)
 〔Wastegate項目〕
Initial Wastegate Duty
Max Wastegate Duty
 〔Turbo Dynamics項目〕
変更なし
 〔Fuel項目〕
Open Loop Fueling(Primary)
 〔Timing項目〕
Base Timing
Intake Cam Advance Angle(AVCS)
 〔Knok項目〕
Advance Multiplier(Initial)
 〔MAF項目〕
変更なし
 〔Misc項目〕
Rev Limit
Speed Limiting(Fuel Cut)
Radiator Fan Modes(Coolant Temp)
 〔Idle項目〕
変更なし
 〔Intercooler項目〕
変更なし
 〔Closed Loop項目〕
Closed Loop RPM
Closed Loop Throttle Maximum(MT)
 〔CL/OL Fueling Transition項目〕
ペンペンさんのブログ/「ペンペンの気ままな日記」 ECUlogview こちらが「ペンペンの気ままな日記」とういうペンペンさんのHPです。どうやら本職はコンピューターシステムエンジニアです。
 このサイトのOpenECUの項目で、ペンペンさんの自作のECUdataのログファイルをグラフ化するフリーソフト、ECUログviewというソフトがダウロード出来ます。
 但し、ダウンロードの際には一言おことわりしましょうね。
 私は最初のヴァージョンから使用させていただいて、ヴァージョンアップするたびにインストールしてきましたが、最新のヴァージョン(Ver1.20)は機能的にもすばらしいソフトです。
 このソフトのお陰で、enginuityでLoggingしたdataを純正ECU書換に活かすことが可能となりました。ペンペンさんありがとうございました。




純正ECU書換・DATAロギング 新 専用ノートPC セットアップ のページ
 私の愛車RA-R純正ECU書換に無くてはならないTool。
 TOSHIBA Dynabook Satellite 1800。中古で購入したノートPCです。
 ECU書換/Logging専用機なので、OS(Windows(R) XP Pro)以外最低限必要なソフトしか入っていません。HDDも10GBしかありませんが、Logdataの保存程度なので充分です。
 車載するため専用台自作しました。CPUメモリーは768MBしかないので、処理速度はそこそこですが、今のところ不具合もなくよく働いてくれます。

 残念ながら現在このノートPCは、動作不良で使用不能となりました。
 プロのECU書換TUNE(上記)を実施する以前に、IMPREZA-NETの情報を元に、GDB-E以降の純正ECUのノーマルDATAである、インターナルID 「A4TJ121C」のECU DATAを、私自身の手でOpen ECUサイトからダウンロードして入手し、IMPREZA-NETが公開している純正ECU書換DATA(ノーマルとの比較値)を元に、Enginuityを使用した編集によって、IMPREZA-NETオリジナル純正ECU書換TUNING DATA (read image 7のDATAの一部) と言えるものが復元出来ました。そのDATAを基本にして、実際に私が書換えたオリジナルTUNING DATAの全容です。
read image10の全容
                   尚、ここに掲載した全ての純正ECU書換DATAを参考にされ、ご自身の純正
関連記事             ECUを書換られて生じたトラブル等には、当方は一切の責任を負いません。
Power Check 1回目
Power Check 2回目

 純正ECU書換TUNEは、2009年5月27日にプロの手によるセッティングを実施して、以来ほぼ2年間ほとんどオリジナルのDATAを変更することなく、2009年11月16/17日の第1回車検を経て、2011年11月4~7日の第2回車検実施までそのまま使用してきました。
しかし、排ガス検査で無負荷アイドル回転域において、規制値よりかなり高濃度の排ガスが検出されたために、その原因がECUのDATAにあることを突き止め、久々に純正ECU書換TUNEを実施しました。→詳細はコチラ
TOP
Genuine ECU log rewrite Tuned by moonface .pdf
Genuine ECU log Rewrite Tune .pdf
TAKE 1 TAKE 2 TAKE 3 TAKE 4 TAKE 5
TAKE 6 TAKE 7 TAKE 8 TAKE 9 TAKE 10
TAKE 11 TAKE 12 TAKE 13 TAKE 14 TAKE 15
TAKE 16        
これまで実施してきた純正ECU書換TUNINGの全内容
(DIARY PAGEのアルバムへリンク)
 Turbo Boost圧の安定化かつ精密な制御を目指して、DENSO製純正2ポートブーストソレノイトバルブから3ポートのソレノイドバルブに交換するため、200711日にProdrive/PIERBURG(独) port boost solenoidを、米国Mastro WRXより購入したことに端を発した純正ECU書換TUNEは、 201111日の車検排ガス検査において実施しました純正ECU書換をもちまして、一応完結いたしました。